€
大原昴自動車・スポーツ専門学校 日本語学科

1人1人の進学希望に合わせて丁寧に進学指導を行っています

応用日本語学科

応用日本語学科 自動車実習実施


 

6月9日月曜日、応用日本語学科の留学生12名が2回目の自動車実習の授業を受けました。

前回は車の仕組みを知るための授業でしたが、今回は初めて実際に工具を持ち整備作業を行いました。
行った作業はタイヤ交換。今回使用した実習車はスズキのワゴンRとスバルのインプレッサです。
 

 

リフトアップして車を持ち上げてタイヤ交換をするのですが、その際、車体をむやみにベタベタ触らないこと
工具を車側で持たずに移動することなど、お客様の立場に立って整備をするサービスマンとしての心得も学びました。
さらに、整備をスムーズに行う上で重要な4S(整理、整頓、清潔、清掃)についても学びましまた。
タイヤ交換の作業中は、1級整備科の学生に手伝ってもらいながら、外したボルトやナットなどの置き方
クロスレンチやトルクレンチといった工具の種類と名前などを教えてもらいました。
 

 

来年自動車整備士の資格を目指して、日々頑張っていきます。


自動車競技会 エンジンベルト交換の部でグェン・バン・トァン君、優勝!


7月29日(火)に自動車競技会を行いました。
自動車整備士学科2年生の学習の成果として、部門別に技術を競い合います。
予選をクリアした技術の高い学生が出場できる大会です。

エンジンベルト交換の部にベトナム人のグェン・バン・トァン君が出場しました。
予選を勝ち進んだ唯一の留学生です。
技術だけではなく圧倒的なスピードで、見事優勝!担当の先生からも、毎日練習をがんばっていたとの声もありました。

 

グェン君のすごさを動画で確認できます。(隣で作業している学生は遅いわけではありません。一般的なスピードです)

 

 

グェン君の所属しているチームは、メンバーみんなで頑張ったので総合優勝も勝ち取っています。

  

自動車整備士2級取得に向けて、頑張ってくださいね!


応用日本語学科 自動車実習実施 vol.2


 

9月11日木曜日、応用日本語学科の学生が自動車整備士コースの実習授業を受けました。
N2合格を目指しているベトナム、ネパール、スリランカの学生です。
 

 
 

今回で3回目となる実習授業ですが、学生たちは楽しみながら、とても真剣に取り組みました。
エンジンオイルやブレーキパッドの交換作業など、自動車整備士が実際に行う点検作業の一部を行いました。
だんだん実習内容も本格的になっていきます!
 

 
 

参加した学生は「自動車整備士になるために、まずは日本語を勉強しよう!」と、モチベーションが上がったようです。
みんな、がんばれ~!
 

 


シャボン玉石けん工場見学


 

暦の上では立春とはいえ、まだまだ寒風の吹く2月3日と2月6日。
2日に分けて日本語学科2年生の留学生と、応用日本語学科の留学生が「シャボン玉石けん」の工場見学へ行きました。
「シャボン玉石けん」は北九州市若松区にある企業。
無添加で肌にやさしい石けんや洗剤が作られていることで知られています。
 


 

製造工程で、熱いどろどろの石けんや整形されたばかりの温かい石けんなどを触ったり、なめたりして
石けんがどのように作られていくのかを実際に肌で感じました。
 


 

また、合成洗剤と無添加の洗剤との違いを見比べました。
環境に与える影響も学び、12月に訪問した環境ミュージアムのことを思い出した学生もいたのではないでしょうか。


入学式!


4月7日に大原学園小倉校と合同で入学式を行いました。応用日本語学科の留学生と、日本語学科の留学生が参加。
入学式の後で、小倉城の前で写真を撮りました。桜も少しだけ残っていました。

昴大原自動車大学校は、2015年度から大原昴自動車・スポーツ専門学校と校名変更いたしました。

そして、新しい校舎もできました。4月16日に竣功式をして、4月20日から少しずつ新しい校舎で授業が始まります。

 


新校舎カフェテリアのご紹介


大原昴自動車・スポーツ専門学校と校名変更した2015年度、416日に竣功式が行われ、420日から新校舎での授業がスタートしました。
そして、待望の食堂も新しくカフェテリアとなって生まれ変わりました!

 

 

「日替わり定食」が以前は1種類でしたが、現在は「和洋日替わり定食」と、「中華日替わり定食」の2種類の日替わり定食があります。
そのお値段も400円以下なので留学生でも利用しやすくなっております。


また、ベトナム料理のフォーなどの新メニューもあり、季節限定メニューなどもあるようです。
また、フリーのWi-Fiも利用できるので、カフェテリアの食事を提供していない時間帯も、そこでお茶を飲みながらネットができる環境となりました。

 


ネパール震災募金


ネパールを襲った、425日の大地震。大原昴自動車・スポーツ専門学校に在籍しているネパール人留学生の家族や自宅などへの被害も大きかったです。
余震による倒壊を恐れながら、避難所で過ごすものの、未だにテントや生活物資が届いていない現状のようです。

そこで、大原学園では全体で募金をすることとなりました。
八幡校(大原昴自動車・スポーツ専門学校)では、
521日、26日、28日、61日の4日間、カフェテリアでネパール人留学生達を中心に募金活動を行いました。

 

自動車学科やスポーツ学科の日本人学生や、学年・学科の異なる中国人、ベトナム人、スリランカ人留学生と交流するきっかけにもなったようでした。
集まった義捐金は、学校法人大原学園国際プロジェクト室を通して、ネパール大使館、ユニセフ、日本赤十字社等へ送ります。


第一回自動車実習授業!


応用日本語学科で日本語を勉強している留学生が、5月22日に自動車実習授業を受けました。

自動車整備士コースで学ぶ内容は非常に多く、密度の濃い授業と実習が日々行われています。
そのため、自動車整備士コースを卒業した学生は留学生も含めて、全員が就職を決めて卒業していきます。

自動車整備士コースはとても忙しいため、自動車整備士コースを希望している留学生は、まず応用日本語学科で日本語をみっちり勉強します。
日本語能力試験N2だけではなく、自動車整備士になるために必要な日本語も勉強しています。

学んだことを自動車実習授業で確かめながら、新しいことに気づき、確かな知識となっているようです。
実際に自動車に触れて、モチベーションも上がったことでしょう!


日産自動車の工場を見学に行きました!


応用日本語学科の留学生と日本語学科2年生が日産自動車九州株式会社の工場見学へ行きました。
人数が多かったので、7月16日と、7月21日の2日に分けて訪問しました。

往年の名車ダットサンから、電気自動車(EV)のリーフ(LEAF)まで展示されています。

 

工場の内部は企業秘密も多いため、撮影は禁止されていたのでHPではご紹介できませんが、ロボットが溶接していたり、無人車が動いていたりしていてみな驚かされました。
応用日本語学科の自動車進学コースで学んでいる留学生たちからは、電気自動車の充電時間とか、バッテリーの大きさや、労働環境など、次々に質問が出ていました。

知らない言葉もたくさんあったらしく、「勉強しなきゃ!」と学習意欲が高まったようでした。

 


自動車実習 part4


応用日本語学科の留学生が、4回目の自動車実習授業を受けました。

 

今回は車のジャッキアップについて学びました。自動車をジャッキで持ち上げたら、車を安全に固定して上がったままにします。
そして安全を確認してから、車の下に潜り込んで車の下側を整備する方法を学びました。

 

 

また、ジャッキアップした車のタイヤを外す方法も学びました。

 

万一ジャッキアップに失敗して、車の下で人が下敷きになるなどしたら、命を失う危険性もあります。
ですから、1つ1つ正確に、きちんと指示の通りに行いました。

 

車の下を見る機会はなかなかないので、留学生はまじめに、それでいて楽しみながら、充実した時間を過ごしていました。



大原昴自動車・スポーツ専門学校 日本語学科

住所 〒805-0023 福岡県北九州市八幡東区宮の町1-1-1
TEL (093)651-5500 / Fax (093)651-5577